You're at トップ > 勉強・研究 > プロへの投資本

「新マーケットの魔術師」を後ろから読みはじめた

Posted at 17/01/13 Comment(0) | Trackback(0)

一昨年の引っ越しのときに本をガッツリ処分して、あまり買わないようにしているのだが、この本の後ろにある『魔術師たちの金言集42か条』が良いと教えてもらって買ったのが、ジャック・D・シュワッガーの「新マーケットの魔術師たち」


0113_1837.PNG

為替手帳2016が届いた

Posted at 15/11/21 Comment(0) | Trackback(0)

トレイダーズショップから為替手帳2016が届いた。

IMG_5185.JPG

Traders Shop Press 2015 というチラシをまとめたような冊子が入っていて、読んだことのある書籍もあるが、知らないものや再度読み直してみたいものなど目の毒なのでじっくりとはみず、でも捨てることもできずにとしばらくとっておくことになりそう。

為替手帳2016を注文

Posted at 15/11/14 Comment(0) | Trackback(0)

ラリー・ウィリアムズのフォーキャスト2016や大岩川源太の投資カレンダーなどとともに、がんばる投資家の応援サイト「Traders Shop(トレーダーズショップ)」で、為替手帳も販売される時季になった。

2015y11m14d_095458855.jpg

エド・スィコータからの気づき

Posted at 15/03/17 Comment(0) | Trackback(0)

マーケットの魔術師を引き続き読んでいる。きょうはエド・スィコータ。

リチャード・どんちゃんのトレンド・フォロー・システムの理論をみたときに、不可能のように思えたからコンピュータのプログラムを書いてみたのだというエド・スィコータ。

当時は、プログラムを書くのにパンチ・カードというのを使っていたとのことだが、私がもしそういう技術を持っていたとしても、不可能のように思えたならテストしてみようと思わないなぁ。可能かもしれないと判断してはじめて試してみようとなりそうなのだが・・・。

マーケットの魔術師 ゲーリー・ビールフェルドの言葉から

Posted at 15/03/12 Comment(0) | Trackback(0)

Q.成功するトレーダーの特性とはなんですか。
A.誰もが同じことを言うと思うけど、一番重要なのは自己規律だ。2番目は忍耐だと思う。もしうまくポジションがとれたら、それを継続できなければならないわけだからね。3番目は相場に入っていく勇気だ。資金は充分あれば勇気も出る。4番目に潔く損を出せることだ。これも資金量と関係がある。5番目に、勝ちたいという強い願望が必要だ。

マーケットの魔術師 ポール・チューダー・ジョーンズからパクるよ

Posted at 15/03/04 Comment(0) | Trackback(0)

大学に通っているときにリチャード・デニスに関する記事を読んで強い感銘を受けたというポール・チューダー・ジョーンズ。

おじに援助を頼みに行き、紹介された綿花トレーダーのエリ・チュリスのもとで働いたという。

Q その他に(自分のポジションを隠すということは重要でないの他に)チュリスから学んだことは。 A 私の知っている限りでは彼は最もタフな人間だった。トレードはとても競争的で、蹴飛ばされないようにならなければならない。どう抑えても、大きな感情の起伏を伴うものだと教えてくれた。

マーケットの魔術師 リチャード・デニスからパクるよ

Posted at 15/03/03 Comment(0) | Trackback(0)

マーケットの魔術師の3人目は、タートルズの生みの親リチャード・デニス。

タートルズという名前は、リチャード・デニスがトレーダー養成プログラムを始めようと思い立ったときが、ちょうどアジアの旅から帰ったときで、「シンガポールでカメを育てるように」トレーダーを育てようと思ったからだそうだ。

「シンガポール 亀」で検索してみると亀博物館というのがグーグルサジェスチョンに現れた。現地に行ってみないとわからないけど、亀がやっぱりたくさんいそう。

マーケットの魔術師 ブルース・コフナーからパクるよ

Posted at 15/02/27 Comment(0) | Trackback(0)

マーケットの魔術師の第1章通貨と為替の二人目に登場するのがブルース・コフナー。

マーケットの魔術師の著者・ジャック・シュワッガーと同じ会社で働いていたことがあるのだという。ジャック・シュワッガーだからインタビューに応じたとのこと。人間関係の構築の大切さがここでも垣間見える。

マイケル・マーカスに影響を受けたという次の部分が、勇気をくれる。