エクセルでFXシステムトレード

エクセルをつかったFXシステムトレードからはじまり、裁量デイトレード。スキャルピングへ辿りついたかと思ったが、やっぱりエクセル。4時間足と平均足をつかってハイブリッドシステムトレード中。


4月第2週 トレード反省・気づき

4月11日(月)

先週の木・金は、IPOの資金へ移動したためFXはお休み。きょう夕方IPOが外れたのを確認後資金をさっそく移動してのトレード。

久々だからか、あるいは、先週の資金よりも倍近くに増やしてのトレードだったからか、緊張して消費するエネルギーも地球上のウルトラマン並みに激しかった。

ぜんぜん正義の味方ではないが、いずれFXや投資も誰かに伝えられるようになりたい。

その前にお世話になっている人に、よい報告ができるようにがんばろう。一人さんがいうように、1000万円なら1000万円しっかり稼げるイメージを持とう。

1発目、さっそく売りと買いを間違えた

今週初のトレードは、ユーロポンドのショート。15分足で、ユーロとポンドがそれぞれドルに対し下と上に動き出していったん押してきたところにみえた。

0411_18

先週、まったく勝てていないクロスだが、ユーロポンドは今月初のエントリー。

ポンド基準なので、枚数を落としてショート。

のつもりが、気づいたらロングしていた。

それでも、これは先週すでに対策済。プラスでもマイナスでも、瞬間的に決済するというルールに従って決済し、プラスの0.7pips。

クロスポンドはクロス円の0.7掛けで

ただちに、ショートのポジションを取り直したが、10pipsで損切をいれようとすると1%を超えてしまう。9pipsでも超えるので8pips上に逆指値。

JFXのスプレッドが1.9pipsなので、実質は6pips程度で損切になってしまう。

今回はポンドが伸びてくれて+16.7pipsで決済し、1日の最低目標もクリア。

運よく損切にかからずに伸びてくれたが、ユーロポンドのエントリーは今回0.8倍にしたが、次からはクロス円のポジション量の0.7倍にする。

23時を前にユーロの上ブレイクに乗れた

目も疲れたのでチャートもみていなかったが、反省をしようと思って再度チャートを立ち上げると、下げにみえたユーロが上ブレイクしていくところ。

そのまま上にはいかずに上ヒゲになってブレイクポイントまで戻ってきたので、ユーロドルをロング。

ポンドも豪ドルも上値を更新していくなか、ユーロは調整しそうな感じにもなったが、高値を更新してくれた。

ただ長くねばるだけの集中力が残っていないので13.3pipsであっさり利確。

0411_22

すでにきょうの目標をクリアしていたので、ある意味ゆとりのあるトレードではあったが、反省点がひとつ。

逆指値が入っていない。

想定通りの方向に伸びてくれたからいいが、逆の方向にブンと降れたら損切が遅れる可能性も高かった。

成行でエントリーすると同時に損切を通貨ペアごとに設定できたはずなので、それを設定してから次のトレードをしよう。

先週に続き、苦手な月曜日を好発進!

いつでも勝てるチャンスはあるけど、それ以上にいつでも負けてしまうおそれがある。

丁寧に勝てる可能性の高い場面を探していこう。

4月12日 連敗スタートであとが苦しく

ユーロドルの押し目をねらったが、サポートではなかった

17:56 にユーロドルの押し目買いのつもりで入ったが、サポートされずドズンと下がって見込んだサポートを割ったので17:57に損切。

0412_17b

それでもユーロは押し目と決めつけ、ユーロ円をロング

上の薄紫のサポートを割ったが、それでもユーロは反発すると決めつけ、ドル円も上と判断しユーロ円に変えてロングしたが、さらにユーロドルが下落。6分で損切。

0412_18

ポンドルロング連敗後、ユーロドルの逆V字に乗るが

21時をはさんでポンドドルの押し目と判断し、2回ロングするが、1回目は逆指値に、2回目は裁量で逃げていずれも損切。

0412_21b

直後にユーロドルを逆V字と判断しショート。

0412_21

1時間ほどホールドしたが、上にブレイクしてきたドル円のほうが軽いかなと判断。

0412_22

ドル円をロングするが、この日2度目の逆指値にかかって損切。

ユーロドルのサポートの判断がいいかげんだった。下はL1ぐらいまでかなと思ったが、あとからみるとL3は遠くても、L2ぐらいは目指せた。乗り換えずに粘れれば、より理想に近いトレードができたとおもう。

0412_22b

再度ロングしなおして1時間もつが11.9pipsの利益でドル円だけみるとほぼトントン。

1回目の逆指値となったO1あたりまで待ってそこから下ひげをつけてあげていくところまで待てればよかったが、あとから見るこのドル円の2つのトレードはトントンではあるけどひどいな。

0412_23

この段階で、12日のトータルはマイナス9pips。

ユーロドルに続いて、ポンドドルも逆V字で落ちてきたがそこにはタイミングがとれず傍観していたが、動き的にはこの日も似ていたので、ユーロが上にもどってきたので、ポンドも戻るのではないかとスキャルぎみにロング。

11分で18.5pipsになりプラ転。あとからみるとかなり絶妙のロングと利食いになっている。

逆張りは引きつけられるだけ引きつけてからという、及川さんの言葉が役にたった。ありがとうございます。

0412_23b

ただ、これでも1日の目標には達していないので、ポンドルとユーロドルの15分足をみながら、ユーロドルをスキャル。

1回目で利益を確保したつもりが、利食う瞬間にさがりあと0.9pipsたりない+2.5pips。2回目、3回目は-7pips、-3pips。4回目に2分で12.8pips確保できて、ようやく1日の目標15pips以上かつ1.5%以上をクリア。

0412_23c

4月12日は、5勝7敗、P/Rレシオ1.89、平均R倍数0.14。
苦しんだ原因は、

甘すぎるサポートの判断

と、同じくサポレジの判断もあるがユーロドルを

粘れなかったこと。

それでも、目標はクリアできたので、それは自信にして、新幹線に乗ってよい報告をしに行けるようにまたがんばろう!

SPONSERD LINK

 - 2016年4月, リアルトレード記録