You're at トップ > My売買ルール

R倍数計算値とR倍数現実値

Posted at 09/06/16 Comment(0) | Trackback(0)

神王リョウの投資講座で口酸っぱく言われる「R倍数」

本ではバン・K・タープ「新版 魔術師たちの心理学」(パンローリング)に
R倍数を用いた投資方法がかかれているが、

R倍数 =(損益)/(仕掛け値と初期損切り値の差)

で計算できる。

初期損切りをしっかり守ることができれば -1 を下回ることはないが、人間は感情の動物なので -1.5 とか -2 とかになってしまうこともある。

そうならないためには、しっかり逆指値を入れてそれを変なほうに動かさないことや、IFD や OCO注文を利用したりして、しっかりあきらめて損を小さく切れることがまず大切だ。

さて、今までエクセルで計算した値だけチェックしていたが、
先週末からホールドしていたEUR/USD
EUR/USD FXブロードネットチャート
を決済して、現実のR倍数との差に愕然。

計算値は4.51だが、実際の値は2.61。

どれほどシステムを守れていないかが数値にこれでもかと表れている。

うまく下げに乗れなくて悔しいが、ただ悔しいだけでなく、
どのようにして改善するかがキー。
トレードの記録に、R倍数について、計算値と現実値の両方を記録することにした。

これで以前よりもはるかにシステムを守りやすくなる。




スポンサードリンク

同一カテゴリー記事

  • FT2で逆張りの練習 〜 どこで事務的に損切するかが最大のヤマ?
  • 裁量ながらトレードを少しずつ再開
  • 損小利大
  • システムの改善
  • 日誌は取引後すぐにつける
  • ワイルダーのテクニカル分析入門
  • ピボットを検証してみる
  • 勝手な予想と逆指値忘れミス
  • R倍数計算値とR倍数現実値
  • 方向感なくコテンパン
  • 【7】週の目標値を達成したら
  • 【1】C 初期損切り率を4.5パーセントに
  • PF(プロフィットファクター)が良ければいいわけではない
  • ルールを破って負けたときは
  • 【6】上下両方に逆指値で仕掛ける
  • 【5】日をまたいでストップにかかりそうなときは
  • 【4】シグナル通りに逆指値で
  • 【1】b 5パーセント×3ペア
  • 神王リョウ、再び「なるトモ!」に
  • 【2】同一通貨は2ペアまで
  • "R倍数計算値とR倍数現実値"へのトラックバック

    トラックバック先URL

    "R倍数計算値とR倍数現実値"へコメントを投稿

    (運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

    上の情報を保存する場合はチェック